失恋のショックでお肌がガサガサに荒れてしまった姉がキレイになった方法

【PR】インタビュー特集

インタビュー

私は性格はおとなしい方で、大学では管理栄養士の資格をとって今は実家から病院に勤めています。

4つ年上の姉(32歳)がいるのですが、姉は社交的で私とは正反対な性格で、就職してすぐに一人暮らしをはじめ、ずっと営業の仕事をしています。

一見合わなそうな私たちですが、会えば時間を忘れて深夜まで話すほど仲が良い姉妹です。

憧れのお姉ちゃん、まさかの姿…

そんな姉なのですが、当時真剣につき合っていた彼と結婚を考え始めていた矢先にフラれてしまったんです。

力になってあげたかったのですが、やはり相当ショックだったようで、しばらくは実家にも顔を出さなくなっていたんです。

そんな時、父の還暦を祝おうと、久々に帰省した姉と顔を合わせたら。。。。

え、、、お姉ちゃん

一瞬、目を疑いました。いつもあれほど外見には気をつかって、特に肌は妹の私もうらやむくらいツルツルの肌だったのに、その時はガサガサした肌荒れの目立つ顔になっていたのです。

母も気がついたとは思いますが、いつものように振るまっていました。

その夜、父と母が寝た後、姉がお風呂から上がってきました。

すっぴんになった姉の肌は、全体的に赤らんでいました。

before

私は、「最近どう?」と話しかけました。

すると、「ん~、もうだいぶ立ち直ったかな。」

「そっか、良かった。」と私。

「ちゃんと栄養とってる?」と聞くと、

姉は、「今は不規則だね~。肌荒れもひどくて、今まで使ってた化粧品が肌に合わなくなったかも。」

その様子から、きっとまだ立ち直れてないんだろうな、ってすぐに分かりました。

翌日別れ際に、ちゃんと食事は考えなきゃだめだよ、と私は2、3アドバイスして見送りました。

大好きな姉を見送りながら、姉にはずっとキレイでいてほしい!以前の前向きな姉に戻ってほしい!!と思いました。

皮膚科の先生が教えてくれたケア方法

そこから、自分では肌に良い栄養成分を調べ、さらに勤め先の病院で皮膚科の先生にも相談してみたところ、

「試してみたら」と敏感肌用の「白漢 しろ彩」というものを教えてもらいました。

インタビュー2

成分は敏感肌用、ということでやさしさにこだわっていて、肌荒れや赤みがちな肌のことを考えて処方されているんだとか。

とにかくデータにこだわっているところもこだわりとのことでした。

姉に、おすすめの栄養成分と一緒に、この商品のこともメールしました。

数日後、食事に気をつけるようになったことと、早速商品も買ってみた、とメッセージがきました。使い心地はすごく良いからしばらく使ってみる、とのことでした。

 思わず「キレイ」と言ってしまいました!!

それからしばらくして、数カ月後の週末、久々に姉が実家に帰ってくることになりました。

すると・・・

顔を見た瞬間、「すごーい!!肌キレイになったねー!!」と私は言っていました。

私は正直、ここまでキレイになるなんて思ってなかったんです。

姉は以前のようなキレイな肌になっただけじゃなく、全体的な雰囲気も自信に満ちたように感じたんです!!

姉は、「ハルカ、あれすっごくいいよ!!結構高いスキンケアも使ってきたけど、私にはベストだわ!ああいうのがあるなんて、知らなかったよ!」と、言ってくれたのです。

気落ちしてたけど、肌がキレイになったことで、少しずつ前向きな気持ちを持てるようになっている姉の姿を見て、私は本当に嬉しかったです。

再度、自分でも調べてみると、

「白漢 しろ彩」はただ肌にやさしい、というだけでなく、肌に働きかける根拠のある成分を世界中から選び出して配合しているのだとか。

見ると、コスメサイトの口コミでも

〈こんな自分の肌は想像できませんでした。鏡を見るのがうれしい〉

〈笑顔が増えました〉

〈モチモチ肌になりました〉

〈厚化粧しなくてよくなった〉

〈キメが整い、乾燥を感じなくなりました〉

〈マスク無しでも外出できるようになりました〉

と、姉のように自信を持てるようになった人の声がたくさんありました。

今では私も使っていますが、こんなにスキンケアが楽しくなったのは私も初めてです!!姉のために出会った商品ですが、私にとっても一番の出会いでした!!

姉妹で愛用中のおすすめスキンケアです!詳細はこちらをチェック↓↓

しろ彩

※定期コースについて
・定期コースは定期継続購入商品になります。2か月目以降自動で発送させるのでキャンセルの場合はご自身で手続きを行ってください。
・定期コースは2回目以降の価格もずっと20%OFFと通常よりもお得に購入できます。
・解約の方法は「お客様サポート専用ダイヤル」に電話するだけで簡単に行えます。

提供:株式会社エクラ

運営者情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする