「赤ら顔」が気になる方に朗報!“赤ら顔の人専用化粧水”を試してみた結果…

【PR】

なかなか消えない顔の赤み。メイクをしてもなかなか隠せないんですよね…

コンプレックスで人前に出るのが嫌になったり、恋愛も億劫に…それくらい顔の赤みは大人にとっては本当に深刻なもの。。。

特に今の季節は乾燥でさらに酷くなったり、今まで赤ら顔じゃなかった人まで、急になってしまうケースも多いんだとか。

そんな悩める赤ら顔ですが、

私は【ある化粧水】を使ってここまで綺麗になりました!!

その化粧水がコチラ…

↓↓

白漢 しろ彩】です!!

一見普通の化粧水に見えますが、

このしろ彩は赤ら顔の人専用に作られた特別な化粧水なんです。

なぜしろ彩が赤ら顔に効果的なのか、その秘密をご紹介しますね。

◆海洋性エキス

通称プランクトンエキス。フランス地中海の海洋性微細藻類から培養した低分子オリゴ糖やミネラルを含んだ希少成分です。

大学病院の試験では、静脈や毛細血管の拡張をケアしてくれると嬉しい報告もありました。

アトピーや乾癬などの治療を専門とするドクターで、

「行列のできる法律相談所」や「スッキリ!」などにも出演している“蘇原しのぶ先生”も、

肌の赤みの原因は多岐にわたりますが、そのうちの1つは「毛細血管が拡張」している状態です。毛細血管を拡張をケアすることが、赤みケアには大切なのです。』と発言をしていました。

しのぶ皮膚科(東京都港区) 院長 蘇原しのぶ先生

この海洋性エキスがしろ彩にはたっぷり配合されていて、独自の構造で肌に浸透するように作られているので赤ら顔に効果的なんです。

そして、赤ら顔に効果的な成分を浸透させるのがラメラテクノロジーという独自技術。

◆ラメラ構造

人間の表皮は「水-脂質-水-脂質-水」と交互に30〜50のとっても薄い層が重なってできているのですが、これをラメラ構造と呼びます。

しろ彩は肌と同じラメラ構造でできているので、お肌の奥までぐんぐん浸透していくんです。

つまりまとめると・・・

海洋性エキス:顔の赤みを抑える

ラメラ構造:ぐんぐん浸透

顔の赤みが改善!!

…ということなんです!

実際に東邦大学医学部皮膚科にてアトピーの方を対象に、4ヶ月間の臨床試験を行いました。

すると、なんと93%以上の方が満足しているという結果に!

◆臨床試験済み

研究結果も残っているのは信頼できるポイントですね!

前までは、1本何万もする美白化粧水など使っていましたが、赤ら顔の根本的な原因は毛細血管が広がることなので全く意味がなかったということです…(苦笑)

「しろ彩」を実際に使ってみて、高級な化粧水と変わらないくらいの使用感にもびっくりしました!

少しとろっとしているけどベタベタはしていなくて使いやすいです。

お肌につけてから軽くトントンとパッティングするとスーッと染み込んでいく感じ◎

その結果ここまでうるうるに…!!

色々試してもなかなか治らなかったのに「しろ彩」をスキンケアに取り入れてからこんなに変化があるなんて嬉しすぎます!

私以外にも、効果を実感している方が沢山いたので、そのコメントを参考までに載せておきますね!

■悩みが無くなって嬉しい!

山内恵子さん(36歳)

毎日メイクで赤みを消すのに必死になって厚化粧するのはいいものの、今度は逆にメイクで肌荒れをして…悪循環でした。しろ彩を使うようになってから、徐々に赤みが改善されて今では薄いメイクで全然気にならないほどに!

※個人の感想です

■毎日楽しいです!

森夏子さん(27歳)

長年悩んでいただけあってここまで綺麗になって本当にうれしいです!肌が綺麗なだけで毎日楽しいし、オシャレやメイクも楽しめるようになりました。私は4か月くらい時間をかけて改善できました!

※個人の感想です

他にも、

「しろ彩に出会ってよかった!」

「もう手放せないです!」

など、高評価のコメントが沢山でした!

最近は雑誌にも取り上げられたそうですよ!

この「しろ彩」ですが、調べてみると通常価の20%オフで買えるお得なプランがありました。しかも送料も無料です!

化粧水は毎日使うものなので定期コースがオススメなのですが、定期コースはいつでも解約できるので、

まず定期で申し込んでみて合わなければすぐ解約する方法が金銭的にもオススメです。

わたしのように赤ら顔で悩んでいる人も、乾燥でちょっと気になってきた…という人も

「しろ彩」は本当にオススメなのでぜひ試してみて欲しいです!

【追記】

最近、雑誌で取り上げられたこともあり品薄状態が続いているらしいです…
在庫切れになる前に買えるように、気を付けてくださいね!

▷公式サイトはこちら

サイト内の制作物および記事内容の無断転載を禁止致します。

運営者情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする